エラスチンはどうして必要なのか

HOME > エラスチン1/50&コラーゲン > エラスチンはどうして必要なのか

肌と老化のメカニズム

エラスチンは紫外線・ストレス・加齢により減少していき、
様々な肌トラブルが引き起こされます。

エラスチン減少で引き起こされる肌ダメージ

紫外線

紫外線は直接、私たちの肌にダメージを与えます。それだけでなく、肌のハリと弾力を保つ「エラスチン」を傷つけ、ゴムの働きを失った肌はたるみを発生させてしまいます。紫外線は、肌にとって、天敵であるといえます。

乾燥

肌の乾燥は、シワやたるみの大きな原因。年齢に比例して、肌の内側から失われる水分量は増加していきます。
肌が乾燥するのは、肌表面の角質の細胞間を埋めている「細胞間脂質」が減少し、細胞の隙間から肌の水分が蒸発しやすくなってしまうのが一因であると考えられています。

血行不良

血行が悪くなると肌に酸素や栄養を運ぶ血液の流れが悪くなり、肌が栄養不足になります。
その結果、肌の新陳代謝が遅くなり、肌の細胞を活性化する力が弱くなってしまいます。

人体に必要不可欠なエラスチンは体内で作ることが困難なため、
サプリメントとして摂取する必要がある。